ケアンズの達人.com[ケアンズニュース]

豪人.comTOP

ケアンズの達人.comTOP

ケアンズニュース

サイクロンへの注意喚起:ブリスベン総領事館

※在ブリスベン日本国総領事館へ在留届を提出されている方、または「たびレジ」に登録された方向けへの案内を転載しています。

------------------

在留邦人及び邦人旅行者の皆様へ

27日(月)午前11時現在、オーストラリア気象局は、グレートバリアリーフ沖で発達中のサイクロン「デビー」が28日(火)午前にはエア(Ayr)、ボーウェン(Bowen)周辺にカテゴリー4で上陸すると予測しており、タウンズビルやハミルトン島、マッカイを含むカードウェルからセント・ローレンスの間の地域を警報区域としています。

皆様におかれては、気象局のウェブサイトなどから情報収集されるとともに、避難場所や非常物資の確認、被害の可能性のある地域への移動の延期など適切な安全対策をとられるようお願いします。

また、観光業関係の皆様におかれては、旅行者などへの注意喚起や安全確保についても万全の対策をとられるようお願いいたします。

オーストラリア気象局ウェブサイト(サイクロン)
http://www.bom.gov.au/cyclone  


豪、ワーキングホリデービザのTAXと年齢が変更に。

兼ねてから懸案になっていた、ワーキングホリデービザでオーストラリアに滞在している外国人に対する税制と年齢制限が決定され、2017年1月より施行される事になったと、オーストラリア政府は発表しました。

新しい制度では、年収が0ドル~37,000ドルの場合は一律19%で、37,001ドル以上の場合は収入によって税率が変わって来ます。
これまで、年収18,200ドルまでは非課税でしたので、ワーキングボリデービザ保持者にとっては実質増税となる方もいらっしゃいます。

また、年齢制限はこれまでの30歳から35歳に引き上げられます。

そして、これまでは同一の雇用主の元で6ヶ月しか仕事が出来ませんでしたが、新制度では条件を満たせば1年まで働ける様になるとのことです。

情報元:http://sjm.ministers.treasury.gov.au/media-release/104-2016/  


新しいミュージックフェスが誕生!

http://www.cairnspost.com.au/news/headline-acts-revealed-for-new-music-festival-debuting-in-cairns-this-anzac-day-long-weekend/news-story/42eaea8ddeb5b55f0f29d8d9780fab75

タウンズビルやブリスベン、シドニーなど各所で行われているミュージック・フェスティバルが、4月のアンザックデー・ウィークエンドにケアンズでも行われる事になりました。フェスティバルの名前は、The Grass is Greener。ケアンズラグーン横の、Fogarty Parkで行われます。現在、参加アーティストは選考中との事で、発表が待たれる所です。チケットはすでに発売中で、ウェブサイト(http://www.thegrassisgreener.com.au/)から購入可能。これまで遠くまでミュージックフェスに参加するために行ってたのが、ケアンズで開催されると更に参加しやすくなりそうですね。今年の反応をみて、盛り上がりを見せるようなら来年以降も続けるとの事です。

※ニュース出典:Cairns Post  


ケアンズ空港近くのマングローブ・ボードウォーク

ケアンズ空港とカウンシルでは、空港アップグレードプランの一環として、空港近くのマングローブを新しいヘリポートにする計画があります。このマングローブには誰もが利用できるボードウォークがあり、毎日たくさんの観光客やローカルの人々が、マングローブを見にきたり、ウォーキングを楽しんでいます。マングローブ・プロテクションのRob Williams氏は、約5年間、このマングローブの地域を守ってきており、今回もケアンズ空港とカウンシルに対して、ヘリポートは別の場所を検討してくれるように要請しているそうです。確かに、サイクロンの多いこの地域で海辺にヘリポートを作ることは、危険性はあっても利便性もなさそうに見えますね。今後の動向に注目したいニュースです。

※ニュース出典:Cairns Post  


ケアンズのラフティングが大人気!

http://www.cairnspost.com.au/lifestyle/heavy-rain-boosts-white-water-rafting-in-rivers-in-cairns/story-fnjzecs6-1227690112688

ここ数日の雨の影響で、水量が増してよりエキサイティングになるのがラフティング。ケアンズでは、タリー川とバロン川の二箇所で、ラフティングツアーが行われています。
クリスマスから大晦日にかけて、通常以上の予約が入っており、ほぼ満席状態。特に、日本人と中国人の観光客から人気ということで、日本語での説明があるのも嬉しい所です。年開けからは少し予約も落ち着くとの事なので、このお正月休みにケアンズに来られる方はぜひ!  


在留邦人の皆様へ(ブリスベン総領事館)

本日、ブリスベン領事館より臨時のニュースレターが発行されました。
以下、ご確認ください。





ブリスベン総領事館から在留邦人の皆様へ

11月13日に発生しました「パリにおける連続テロ事件」に伴い,
外務省より下記のとおり海外安全情報(広域情報)が発出されましたので,お知らせいたします。

パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起
~海外渡航時における在留届・「たびレジ」登録のお願い~


1 11月13日夜(現地時間),フランスの首都パリ10区及び11区ならびにパリ北部近郊の国立競技場において,銃撃事件等が発生し,仏政府の発表によれば,少なくとも129人が死亡し,300人以上が負傷しました。

2 本事件について,オランド仏大統領は,イスラム過激派組織ISIL(イラク・レバントのイスラム国)により実施されたとしており,フランス国内では警戒態勢を敷いています。また,他の欧米各国もテロへの警戒を高めています。

3 2014年9月,ISILは,米国をはじめとする対ISIL連合によるISILへの攻撃を批判するとともに,欧米を含む世界の(スンニ派)イスラム教徒に対して,米国,フランス,オーストラリア,カナダをはじめとする対ISIL連合諸国の国民を軍人,民間人問わず攻撃するよう扇動する声明を発出しており,その後,ISILによるとみられるテロ事件が多数発生しています。
また,ISILは,本年1月から2月にかけて,シリアにおいて,日本人男性2人を殺害したとみられる動画を発出したほか,本年9月には,ISIL機関誌において,ボスニア,マレーシア及びインドネシアの日本の外交使節(大使館等)を攻撃対象の候補として言及したことがあります。

4 なお,上記との関連性は不明ですが,最近では,本年8月のバンコクにおける爆発事案や本年10月のバングラデシュにおける邦人殺害事件等の事件が発生しています。今後,中東・アフリカ地域以外でも,同様の事件が発生する可能性は否定できないことから,注意が必要です。

5 つきましては,海外に渡航・滞在される方は,上記のような情勢に十分留意し,誘拐,脅迫,テロ等の不測の事態に巻き込まれることのないよう,外務省が発出する海外安全情報及び報道等により,最新の治安情勢等の関連情報の入手に努めるとともに,日頃から危機管理意識を持つよう努めてください。特にテロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,欧米関連施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場等不特定多数が集まる場所等)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払ってください。

6 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
また,海外渡航や在留の際に,緊急事態が発生した場合,外務省からは随時情報を提供いたします。上記のパリにおける連続テロ事件のほか,バンコクにおける爆発事案やバングラデシュにおける邦人殺害事件等,緊急事態の発生に際しては,あらかじめメールアドレスを登録いただいた方には,一斉メールにより,情勢と注意事項をお伝えしています。

 3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html

また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)   
                      


QLD州、家庭のプールも安全基準遵守へ

2015年12月1日より、クイーンズランド州に設置されているすべてのプールは、年々増える家庭用プールでの子供の事故を防ぐ目的もあり、安全基準を満たさなければならなくなります。

また、プール付きの家を販売、賃貸する際には、プール専門の安全検査官による、安全証明書が必要となります。(安全証明書が無くても販売可能ですが、購入された新オーナーは、購入後90日以内に安全証明書を取得する必要があります。)

ご自宅のプールが基準を満たしているかどうかは、下記サイトでご確認下さい。
http://www.qbcc.qld.gov.au/pool-checklist/

その他の詳細は、下記Queensland Building and Construction Commissionのウェブサイトをご確認下さい。
http://www.qbcc.qld.gov.au/home-building-owners/pool-safety/overview  


ケアンズにゆるキャラ登場!

ノースクイーンズランド観光局が、日本人観光客向けにケアンズのゆるキャラ「ケアッピ(Cairpi)」を発表しました。
ケアッピのモデルはウミガメで、グレートバリアリーフのプロモーションで、11月3日より東京と大阪の旅行会社のポップアップ・ショップで初お目見えの予定。
ケアッピは、全国9校より、262作品の中から選ばれました。ケアッピを作った東京コミュニケーションアート専門学校イラストレーター専攻2年生である松葉涼子(Ryoko Matsuba)さんは、副賞としてケアンズ往復航空券を贈呈されたということです。
今後は、日本向けへのプロモーションで、ケアッピをよく見かけることになりそうですね。

<参考リンク>
http://www.ttnq.org.au/cartoon-turtle-to-sell-cairns-gbr/(英語)
http://www.tca.ac.jp/cre-contents/today/debut/20151021_8288(日本語)  


ケアンズに新しいウォーキングトラックが登場!

本日、2015年10月7日より、ケアンズに新しくGreen Arrowという名前のウォーキングトラックがオープンします。場所は、これまでにあったRed Arrow、Blue Arrowから入ることができるエリア。Blue Arrowの途中から、Brinsmead方面に進み、終点はWhitfieldに抜けられるようになっています。Red Arrowの入口であるCollins Aveからの往復の距離は10kmになりますので、Green Arrowを歩く場合は、歩きやすい服装で、必ず飲み水や多少の食料を持参して行かれる様にして下さい。なお、参考までに、Red Arrowの往復は1.3kmで所要時間約1時間、Blue Arrowの往復は5.4kmで所要時間約4-5時間です。特にBlue Arrowは急な上り坂や、草むらが生い茂っているエリアを含みますので、フィットネス目的の方にお勧めです。
詳しくは、カウンシルのサイトをご確認下さい。
http://www.cairns.qld.gov.au/facilities-sport-leisure/sport-and-recreation/active-living/red-and-green-arrow-walking-tracks


※こちらの地図にはグリーンアローは含まれておりません※

  


スカレールが20周年!

2015年8月31日、スカイレールが20周年を迎えました。
スカイレールは、ケアンズにある世界遺産の一つ、熱帯雨林を上空から見ることができるケーブルウェイで、ケアンズ観光の代表的存在です。ケアンズ側のカラボニカ駅からキュランダ駅までを結ぶこのケーブルウェイは、全長7.5km、ゴンドラ数117機、1時間に700名を運ぶことができるというケアンズ最大級の観光施設。2013年には、「ダイヤモンドビュー」と呼ばれる、床面の一部が透明のガラスになっているゴンドラを11機導入し、人気を博しています。

スカイレール20周年に関する公式アナウンスは、下記ページからご覧いただけます。
http://www.skyrail.com.au/news/skyrail-news/6011-skyrail-rainforest-cableway-celebrates-20-years-of-operation(英語)  


スカイレール、レッドピーク駅のトイレ工事開始

2015年8月12日から4週間の予定で、スカイレールのレッドピーク駅のトイレ改装工事を行うそうです。この間、レッドピーク駅での車椅子での乗り降りができないとのことです。スカイレールには、他にもカラボニカ駅、バロンフォールズ駅、キュランダ駅がありますので、トイレの使用はこれらの駅で済まして置かれる事をお勧めいたします。
スカイレールのトリップマップは、下記ページをご参照下さい。
http://www.skyrail.com.au/experience/trip-map  


ケアンズシビックシアター、修理のため閉鎖

ケアンズシティーのSheridan Streetにあるシビックシアター(Civic Theatre)から、アスベスト素材が見つかったとの事で、しばらくの間閉鎖される事になりました。アスベストによる被害は大きくないだろうとの事ですが、出演者やスタッフは当分建物に入ることはできず、すでに公演が決まっていたショーやイベントは、場所や日程を変更、もしくは中止になる模様です。シビックシアターでの公演チケットをすでにご購入の方は、ticketLiNKまで直接連絡されて下さい。

◎ticketLiNK
http://www.cairns.qld.gov.au/ticketlink

カウンシルからのメディアリリースの内容は、こちらをご覧下さい。
http://www.cairns.qld.gov.au/council/news-publications/media-releases/releases/civic-closed  


【ホテル名称変更】Holiday Inn Cairns Harbourside

メルキュール・ケアンズ・ハーバーサイドホテルの名前で知られていましたエスプラネード沿いのホテルの運営会社が変わり、2015年9月1日よりホリディイン・ケアンズ・ハーバーサイド(Holiday Inn Cairns Harbourside)と名称変更いたします。こちらのホテルは、運営会社のインターコンチネンタルグループが採用している、環境に配慮したホテルシステム(グリーンエンゲージシステム)を使用する予定。なお、10月よりレストランやバー、続いて客室の改装が行われるとのことです。
なお、ご予約は9月1日以降宿泊分から、下記サイトにて可能となっています。
http://www.ihg.com/holidayinn/hotels/jp/ja/cnshb/hoteldetail  


IRONMAN Cairnsの影響による交通規制について

2015年6月7日~15日まで開催されるIRONMAN Cairns 2015の影響で、ケアンズ、ポートダグラス、ノーザンビーチにて交通規制が行われます。ケアンズでは、下記の通りですのでご注意下さい。



◎ケアンズ地区
<通行止め>
6月12日
・・・17:30pm~19:30pm/エスプラネード・ウォーク&自転車・パスウェイ(ラグーンからSmithストリートまで全線)

6月13日
・・・7:00am~10:00am/エスプラネード(SpenceストリートからUpwardストリートまで)

6月14日
・・・6:00am~2:00am/エスプラネード(SpenceストリートからUpwardストリートまで)
・・・7:00am~19:00pm/エスプラネード(UpwardストリートからLilyストリートまで)
・・・7:00am~19:00pm/レイクストリート(LilyストリートからAirport Aveまで)

その他、6月14日はキャプテン・クック・ハイウェイは、Veivers Rd, Palm CoveからOld Port Douglas Rdまで、6:00am~17:30pmまで通行止めとなるため、ケアンズからポートダグラスに行かれる場合は、キュランダやマリーバを経由するKennedyハイウェイをご利用頂くこととなります。

なお、イベント期間中は駐車場エリアが通常と異なる場合がございますので、標識を確認の上、駐車されるようにして下さい。

また、6月14日10:00am~18:00pmにケアンズ空港をご利用の方は、いつもよりも2時間早めの行動をされる事をお勧め致します。

詳しくは、IRONMAN Cairnsのホームページをご確認下さい。

◎Changed Traffic Conditionsについて
http://ap.ironman.com/triathlon/events/asiapac/ironman/cairns/travel/changed-traffic-conditions.aspx#axzz3cAhWjlyx(英語)  


フィリピン・エアーラインズがケアンズへの直行便を運行

本日、フィリピン・エアーラインズより、2015年12月1日よりマニラ~ケアンズ~オークランド間を、週に4日(月、水、木、日)運航すると発表がありました。シドニー、ブリスベン、メルボルン、ダーウィンに続き、フィリピン・エアーラインズが参入するオーストラリアの都市ではケアンズが5都市目となります。

マニラ~ケアンズ間は約6時間のフライトとなり、約1時間のケアンズでのストップオーバーの後、オークランドへ出発するスケジュールになるとのことです。

フィリピン・エアーラインズでは、マニラからは67都市に飛んでおり、マニラ経由で日本へは東京(成田・羽田)、大阪はもとより、福岡や名古屋にも行くことができます。その他にも、アメリカやカナダ、ロンドンなどへも足を伸ばす事ができ、ますますケアンズから海外に出やすくなることでしょう。

詳しくは、フィリピン・エアーラインズのホームページをご覧下さい。
http://www.philippineairlines.com/news-and-events/new-routes/  


ジャプカイがリニューアル!

ケアンズに住む先住民ジャプカイ族にスポットを当てたテーマパーク、ジャプカイ・アボリジナル・パークがこの度リニューアルオープンしました。

リニューアル中も営業はされており、各所で工事が行われていましたが、2015年5月11日にはプレスへのお披露目も終わり、全館リニューアルオープンとなりました。

お披露目の様子が動画でアップされていますので、こちらもご覧になられてみて下さい。
https://vimeo.com/127550651

ジャプカイへは、送迎バスやレンタカー、オプショナルツアーに参加するなどの形で行くことができます。

ジャプカイ・アボリジナル・パーク ホームページ
http://www.tjapukai.com.au/jp/top.html(日本語)

ジャプカイ・アボリジナル・パーク フェイスブック
https://www.facebook.com/tjapukai(英語)  


キュランダ村にシティー・スライダーが登場!

http://www.cairnspost.com.au/lifestyle/cairns-region-set-to-get-wet-and-wild-as-city-slider-hits-town-in-july/story-fnjpuwet-1227339528636

※こちらのイベントは9月26日に延期されました※
この夏、ニューキャッスルやホバートなど、オーストラリア各地で大好評だったの移動式ウォータースライダー「The City Slider」が、今年の7月にキュランダにやってくる事になりました。

長さ325m、幅6mの2列のスライダーであるThe City Sliderは、道路を封鎖して設置されます。

また今回、小さなお子様用の25mのミニスライダーも登場予定。アルコールの持ち込みができないイベントで、ご家族連れで楽しめます。

日にちは2015年7月4日(土)2015年9月26日(土)、場所はスカイレールやキュランダ列車の駅から近い、Arara Stで行われます。



チケットは、前売りが$29、当日が$35。
浮き輪の貸出と90分間のセッションが含まれます。

セッション時間は以下のとおり。
9am – 10:30am
11:00am – 12:30pm
1:00pm – 2:30pm
3:00pm – 4:30pm
5:00pm – 6:30pm
7:00pm – 8:30pm

チケットの購入は、本日から開始されました。オンラインで申し込み可能です。
http://thecityslider.com.au/book-tickets/

翌7月5日には、キュランダ村でウクレレBBQのイベントが開催されるなど、7月のキュランダでのイベントは見逃せませんね。




情報:Cairns PostTourism KurandaThe City Slider  


ケアンズで撮影された日本のアイドルのMV(Short ver.)が完成!

先日、ケアンズ各所で撮影された日本の中学生アイドルグループ「乙女新党」のMV(ミュージック・ビデオ)のショートバージョンが完成し、youtubeにアップされました。

撮影は3日間に渡り、グレートバリアリーフ、ケアンズトロピカルズー、キュランダ、熱帯雨林、ジャプカイ、エスプラネード・ラグーン、バンジージャンプなど30ヶ所で行われ、MVの中でケアンズの様子を見ることができます。

一度ケアンズに訪れた事のある人は、必ず「あ!ここ行ったことがある!!」という場所ばかりです。

MVの新曲は5月27日にリリースされるとの事なので、フルバージョンの映像も楽しみですね。

  


アンザックデー・フォトギャラリー

4月25日に行われた「アンザックデー・セレモニー」は100周年ということもあり、近年にない盛大なものとなりました。ケアンズ各地で行われたセレモニーの様子がケアンズポスト・フォトギャラリーにて公開されています。  


アンザックデーの通行止め情報

明日、4月25日はAnzac Day(アンザックデー)で祝日となります。

また、アンザックデーのパレードやイベントがあるため、一部通行止めになる区間があります。

情報が、ケアンズ市役所よりでていますので、特に明日の午前中に車などで移動される計画のある方はご確認下さい。

ケアンズ市内だけでなく、郊外でもパレードなどで通行止めがありますのでご参考にされて下さい。

◎ケアンズ市役所によるアンザックデー通行止め情報
http://www.cairns.qld.gov.au/council/news-publications/public-notices/alerts/anzac-road  



無料!新規ブログ作成
無料ブログの登録はこちら

はじめての方へ

広告掲載について